ヘルニア改善で痛みとストレス緩和~正しい姿勢の説明書~

腰痛

首の構造と症状

悩み

頚椎椎間板ヘルニアというのは、椎間板が飛び出している状態のことを意味します。飛び出した椎間板は神経に接触し、痛みを伴ったり、しびれや感覚の異常をもたらします。他にも筋肉をうまく動かせないこともあります。

腰が痛い場合の治療法

腰痛の今後の傾向

悩み

ヘルニアは、椎間板自体の弾性力がなくなってくることにより発症します。そして、現代社会においては、デスクワークなどで同じ姿勢のまま仕事をすることが最大の原因になったりします。これは、悪い姿勢でいることで背骨や骨盤がずれて、それを戻そうと体全体で支えるようになり、それが椎間板に負担をかけることにつながるのです。仕事だけでなく、家でも子供がゲームをするときに発症しやすくなるため、最近では若年層にも広がってきています。ゆえに、ヘルニアは今後ますます増える傾向にあると推測され、プロの姿勢矯正をすることが求められるのです。ほかにも、ストレスや睡眠不足が原因だったりするので、現代のストレス社会との付き合い方を考える必要があります。

腰痛をケアする注意点

そこでヘルニアの対策についてですが、放置しないように注意が必要です。放置すると、ヘルニアが原因でぎっくり腰になり、最終的には痛みがひどくなり治りにくくなるので、早めの受診が必要というわけです。多忙な方も無理をせず病院の診断を受け、他人に変わってもらう勇気を持つことが重要です。姿勢についての注意点ですが、あぐらは腰が丸くなりやすいので注意してください。腰が沈むようなクッションやソファには座らないようにします。軽度のヘルニアの方も、なるべく安静にするよう心がけ、痛みが和らぐ姿勢を見つけて横になるのが良いでしょう。仕事で休めない人でも、腰痛ベルトなどを使用して仕事をするなどの工夫が大事です。とにかく、一番大事なのはすぐ受診することなので、ふくらはぎやお尻などがしびれるなどの症状があったらすぐに病院に行くことをおすすめします。

多彩な痛みを予防する方法

医者

腰痛で発生頻度が高いのは、骨に異常のない筋筋膜性腰痛ですが、多彩な痛みを呈することが特徴です。筋筋膜性腰痛の予防には、腹筋運動をすることが効果的です。腹筋運動は、仰臥位で膝を立てた状態で実施すると、腹筋だけを鍛えることが可能になります。

辛い腰の痛みの対処法

医者

腰痛を感じている人は多く、そのために何かができないということがたくさん出てきてしまいます。この腰痛の痛みは、本人にしか分からない辛い痛みとなってしまうので、専門機関で治療していく必要があります。また、普段から腰痛を意識した生活を送っていくことも大切で、これでいくらか症状を抑えていくこともできます。